節約充実生活

注目記事チェッカー

  • 結婚するのにいくらかかる?結婚するのにいくらかかる?結婚式っていくら位かかるの?
    新婚生活に必要な最初のお金はどのくらい?夫婦になったらお金の管理ってどうする?など結婚とお金のことをチェック。
  • お金をかけずに遊ぶ方法お金をかけずに遊ぶ方法お金がたまらない人は、知らないうちに無駄な出費をしているもの。その無駄、合計でいくらになっていると思います?お金をかけなくても充実できる方法があるんですよ!
  • 看護師のWワークメソッド看護師のWワークメソッド看護師は給料はいいけどキツイ。だからWワークでバランスを取る看護師さんが増えてるんです。そこで、看護師さんにおすすめのWワークをご紹介。

女性の生命保険

女性の生命保険

生命保険の種類

「生命保険」と聞くと、何となく複雑でとっつきにくい、というイメージを持つ方も多いかもしれません。ですが生命保険の仕組みは意外にシンプルなんです。

生命保険とは・・・
定期保険」「養老保険」「終身保険」の三つ!
→三つを組み合わせて、自分にピッタリのプランを計画できるのが生命保険の特徴です!

●定期保険
保証が一定の保険。いわゆる掛け捨てが多い保険ですが、その分保険料は割安に設定されています。
※万一の際に「必要な金額が大きい」人向け

●養老保険
「保障」と「貯蓄」を兼ね備えた保険。保険料は安いとは言えませんが、満期時は死亡保険金と同額の満期保険金が支払われます。
※「将来の資金」をしっかり確保したい人向け

●終身保険
保障が一生涯続く保険。保障が必要でなくなった時は解約払戻金を相続税や冠婚葬祭に充てることができます。
※「いつか必要になる費用」を確保したい人向け

若い女性の乳がん・子宮頸がんも増えてます!

女性特有のがんとして知られているのが「乳がん」「子宮頸がん」。がんの多くは高齢になってから発症するケースが多いのですが、近年は20~40代で発症する女性が増えているようです。
中でも乳がんは女性がもっともかかりやすいがん。年間約3万5,000人の方が罹患していることがわかっており、ある意味身近な病気の一つと言えます。

がんになる原因って?
・喫煙・アルコール
・動物性脂肪の採りすぎ、野菜・果物不足
・運動不足
・女性ホルモン「エストロゲン」の影響

乳がんを予防するには、定期健診を受ける事です。40歳以上の方は乳がん検診を2年に1回、20歳以上の方は子宮頸がん検診を2年に1回受ける事が理想的です。
また、もしもがんになってしまった場合に備えて、女性向けのがん保険に加入しておくことをオススメします。

女性必見!生命保険の選び方

女性に向けた保険はさまざまありますが、「どれを選んだらいいのかわからない!」とお悩みの方は多いと思います。
まずは「単独」の女性保険に加入するか、「特約」の女性保険に加入するかを考えてみましょう。

●「単独」の女性保険
生命保険とは別に加入する、女性特有の保険。乳がんや子宮頸がんなど、女性特有の疾病に強みがあるのが特徴です。

●「特約」の女性保険
他の保険の医療特約として加入する、いわゆる「女性疾病特約」。単独の女性保険より保険料を安く抑えられるのがポイント。

また、最近は保険のサイトも充実しており、おすすめの女性向け保険をランキング形式で紹介している事も多いですよね。ですが、バックグラウンドや将来のビジョンは同じ女性でも一人ひとりに差があります。自分にピッタリの保険を選ぶには、専門家に聞いてみるのも大切です。


閲覧ランキング上位記事

  • 子供を生んで育てるにはいくらかかる?子供を生んで育てるにはいくらかかる?出産にかかる費用から、赤ちゃんを迎えるためにかかる費用。さらには子供の成長に合わせて教育などにもお金はかかります。そんなお金の話と、上手な節約方法までをお伝えします!!!
  • お金の上手な貯め方お金の上手な貯め方お金はどうすれば貯まるんだ~、と頭を抱えている方に、すぐに始められるお金を貯めるためのコツを教えちゃいますよ。お金を貯めると安心できる。貯金は余裕を生みます。具体的な方法ですので、是非、実践してみて下さい。
  • 高給与と言われてる"看護師"の年収高給与と言われてる"看護師"の年収看護師って給料がいいと聞いたことはありませんか?でも、実際に働いている人に聞くと「そうでもない」といわれます。では、実際のところはどうなんでしょう?看護師のお金の使い道やリアルな生活費まで公開します!