節約充実生活

注目記事チェッカー

  • 結婚するのにいくらかかる?結婚するのにいくらかかる?結婚式っていくら位かかるの?
    新婚生活に必要な最初のお金はどのくらい?夫婦になったらお金の管理ってどうする?など結婚とお金のことをチェック。
  • お金をかけずに遊ぶ方法お金をかけずに遊ぶ方法お金がたまらない人は、知らないうちに無駄な出費をしているもの。その無駄、合計でいくらになっていると思います?お金をかけなくても充実できる方法があるんですよ!
  • 看護師のWワークメソッド看護師のWワークメソッド看護師は給料はいいけどキツイ。だからWワークでバランスを取る看護師さんが増えてるんです。そこで、看護師さんにおすすめのWワークをご紹介。

考えたくない!老後の生活

考えたくない!老後の生活

老後に必要なお金

ゆとりある老後に必要な資金って、実際どれくらいだと思いますか?
生命保険文化センターの調査では、老後資金の平均的な総額は1億円だと言われています。一見すると気が遠くなるような数字ですが、そもそもこの数字はどうやって算出されたのでしょうか?

ゆとりある老後のための生活費=1ヶ月約35.4万円
夫婦二人で60歳から85歳まで過ごすとすると、35.4(万円)×12(ヶ月)×25(年)=1億620万円

「ゆとりある老後には1億円が必要」と言われるのは、おそらくこの統計からでしょう。しかし、年金だけでは生活に必要なお金はまかなえても、ゆとりまでは保証できないかも。旅行や趣味など、ゆとりのための資金を確保するとなると、若いうちから貯金に励む人が多いのもうなずけますね。

独身女性の老後

ライフスタイルが多様化している現在、結婚の予定がなく「おひとり様」を楽しむ女性が増えています。若くて健康なうちはそれで良いかも知れませんが、老後になるとどうでしょうか?
老年期になると、若い頃に比べて体力が低下し、病気のリスクも増えてきます。若い時にできた仕事もできなくなる可能性もあります。自分ひとりで生活費を稼いでいる場合は、収入が途絶えてしまうと生活に困窮する事態になってしまうかもしれませんよね。
女性が一人で老後を過ごすための資金を計算してみました。

生活費=1ヶ月約15万円
60歳から85歳まで過ごすとすると、15(万円)×12(ヶ月)×25(年)=4,500万円

年金で1ヶ月10万円=総額3,000万円が補われるとしても、1,500万円は自分で補う必要が出てくるのです。老後にお金に困らないために、今からでコツコツ貯金する必要がありそうです。

海外移住もあり?!

「年金制度に不安がある」「少ない受給額で生活していく自信がない」そう考えているのは若い世代だけではなく、年金需給層である高齢者の方も同じのようです。最近人気を集めている「老後の海外移住」はその不安を象徴する例といえます。特にアジア諸国は日本に比べて物価が低く、距離も近いので、移住先として人気のようです。

海外移住のメリット
・物価や生活費が低く、年金だけでも十分に暮らせる
・自然が多い海外でのんびり過ごせる

海外移住デメリット
・海外の文化や習慣、言葉に慣れる必要がある
・治安が悪い国や地域もある
・病気やケガが不安

海外移住に憧れて実現してみたものの、イメージと合わなかったり、思わぬトラブルに見舞われて失敗してしまう人もいるようです。終の棲家選びは周囲と相談しながら、慎重に行いたいものですね。


閲覧ランキング上位記事

  • 子供を生んで育てるにはいくらかかる?子供を生んで育てるにはいくらかかる?出産にかかる費用から、赤ちゃんを迎えるためにかかる費用。さらには子供の成長に合わせて教育などにもお金はかかります。そんなお金の話と、上手な節約方法までをお伝えします!!!
  • お金の上手な貯め方お金の上手な貯め方お金はどうすれば貯まるんだ~、と頭を抱えている方に、すぐに始められるお金を貯めるためのコツを教えちゃいますよ。お金を貯めると安心できる。貯金は余裕を生みます。具体的な方法ですので、是非、実践してみて下さい。
  • 高給与と言われてる"看護師"の年収高給与と言われてる"看護師"の年収看護師って給料がいいと聞いたことはありませんか?でも、実際に働いている人に聞くと「そうでもない」といわれます。では、実際のところはどうなんでしょう?看護師のお金の使い道やリアルな生活費まで公開します!